情報セキュリティ基本方針

INFORMATION SECURITY POLICY

基本理念

Unipos 株式会社(以下、当社)は、「感情報酬を社会基盤に」をミッションとし、「本音の感情の交流により人の心が動き行動が生み出される世界」を実現していきます。

当社の事業の中で取り扱う、お客様の情報をはじめとする情報資産は、当社の経営基盤として極めて重要なものです。

漏洩、き損、滅失等のリスクから、情報資産を保護することの重要性を認識した役員や従業員を含めた、情報資産を扱う者が本ポリシーを遵守し、情報資産の機密性、完全性、可用性といった情報セキュリティを維持するための活動を実践します。

情報セキュリティ管理体制図

情報セキュリティ管理体制図

情報セキュリティ管理体制の構築

最高情報セキュリティ責任者を中心とした情報セキュリティ委員会を設置するとともに、各組織に情報セキュリティ部門責任者を配置することにより方針の決定を適切に行い、情報セキュリティ対策を速やかに実施できる体制を構築します。

基本方針

  1. 法令事項の遵守
    情報資産を保護するために、情報セキュリティポリシーを策定し、これに従って業務を行うとともに、情報セキュリティに関連する法令を遵守いたします。
  2. 規定ならびに契約事項の遵守
    情報セキュリティポリシーに従い、情報セキュリティに関連する規制その他の規範、及び、お客様との契約事項を遵守いたします。
  3. 適切な業務委託先管理の実施
    業務委託契約を締結する際には、業務委託先としての適格性を十分に審査し、当社と同等以上のセキュリティレベルを維持するよう、契約などにより定めます。また、業務委託先を定期的に監査、管理体制を見直し、セキュリティレベルが適切に維持されていることを継続的に確認いたします。
  4. リスクアセスメント
    情報資産に対して存在する漏洩、き損、滅失等のリスクを分析、評価するための基準を明確にし、体系的なリスクアセスメント方法を確立するとともに、定期的にリスクアセスメントを実施いたします。また、その結果に基づき、必要かつ適切なセキュリティ対策を実施いたします。
  5. 情報セキュリティの教育
    すべての従業者が、情報セキュリティの重要性を認識し、情報資産の適切な取り扱いを確実にするために、定期的に教育、訓練および啓発を行います。
  6. 社内規定の整備と周知徹底
    本ポリシーおよびプライバシーポリシーに基づいた社内規定を整備し、情報資産の適切な管理を行うための明確な方針・ルールを社内に周知徹底してまいります。
  7. 情報セキュリティ内部監査
    情報セキュリティポリシーを始めとする規定・ルールなどが遵守されているかを検証するため、定期的又は不定期に情報セキュリティ内部監査を実施いたします。
  8. インシデント発生予防
    情報セキュリティポリシーの遵守状況及び情報資産の取扱いについて、定期的に点検及び監査を行います。
  9. インシデント発生時の対応
    情報セキュリティ上のイベントやインシデントの発生に対する適切な処置を講じるとともに、万一それらが発生した場合に際して、あらかじめ、被害を最小限に留めるための対応手順を確立し、有事の際には、速やかに対応するとともに、適切な是正処置を講じます。また、特に、業務中断に関わるようなインシデントについては、その管理の枠組みを確立し、定期的に見直しを行うことにより、当社の事業継続を確実にいたします。

ISMS取得について

情報セキュリティのマネジメントシステムであるISMSを確立し、これを実行するとともに、継続的に見直し、改善を行います。

ISO / IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014

認証基準  :ISO / IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014
認証組織  :Unipos株式会社
認証登録日 :2018年8月9日
登録範囲  :企業向けクラウドサービスの企画、開発、運営、コンサルティング事業
認証登録番号:IS 695197

Unipos株式会社 執行役員CIO 東山 友

令和4年4月28日 制定

採用情報

Uniposを通じた
感情報酬の社会実装を共に進めてくださる方からのご応募をお待ちしております。

お問い合わせ

Unipos株式会社に対する各種お問い合わせはこちらの窓口より承っております。
製品に対するお問い合わせは製品サイトをご覧ください。